キャッシングを利用するときに気を付けること

クレジットカードで必要な時にお金を借りられるキャッシング機能ですが、その便利さからついつい利用をしすぎてお金の返済に追われてしまうといったトラブルを招く問題があります。そもそもキャッシング機能は月々の利用限度額が決まっているもので、借りたお金は必ず返済しなければいけません。さらに手数料もかかってくるので借りれば借りるほど返済する金額というのも大きくなります。そのため便利な機能だからと言って使いすぎると後々苦しむのは自分なのです。キャッシングは便利な反面、利用には気をつけておかなければいけないため、今回はどのようなことに気をつけて利用するべきなのかを紹介していきます。正しい利用をしていればキャッシングの便利な面だけを使って、安心してお金を借りることができるのです。

キャッシングは返済計画を立てることが大事

身内の不幸や交通トラブルが発生して、いきなりお金が必要になった時にすぐお金を借りられるキャッシングですが、利用するときは先に返済の目途を立ててからにしましょう。返済の目途が立っていないのにお金を借りてしまうと、返済でお金を用意できないというトラブルが発生します。計画を立てるうえで重要なのは、借りる金額をできるだけ少なくすることです。借りる金額が少なければ返す金額も少なくて済み、すぐに返済することができます。返済が長期にわたってしまうと手数料も増えていく一方ですし、返せなかったとなれば信用も失ってしまいます。そのため借りた分の返済はできるだけ早く行うことが大切です。一度借りたらすぐに返すことを心がけていれば、信用も失わずに安全な状態でキャッシングを利用していくことができます。

キャッシングを使うとショッピング枠が減る

意外と知られていないことですが、クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠の限度額が決められています。クレジットカードのうち、ショッピング枠が50万円でキャッシング枠が15万円の場合、合計で65万円まで使えるという意味ではないのです。キャッシングの15万円というのはショッピング枠に含まれていて、仮にキャッシング枠を全部使ってしまったらショッピング枠で使える金額というのも35万円しか残っていないのです。そのため、勘違いして合計した金額を使えると思わないようにしましょう。あくまでショッピング枠に含まれている金額となっているので、限度額以上に借りようとしても借りることはできません。それを理解しておいて賢くキャッシングを利用することが安全かつ便利な利用方法となっているのです。